CIRE TRUDON |Scented Candle

cire trudon-candle-light

CIRE TRUDONシールトゥルードンは世界でも最も古いロウ製品のメーカ。
1643年パリで創業です。

CIRE TRUDON-SHOP-FRONT-IMG_cire6230-1

今もパリ6区の中心サン・シュルピス教会Ealise Saint-Sulpice の傍らにその店はあります。

CIRE TRUDONはその300年の歴史の中でルイ14世に愛され、王室、ベルサイユ宮殿や多くのフランスの教会にキャンドルを供給して来ました。Saint-Roch chaurchは1643年以来現在も変わらずそのキャンドルが灯っています。

そしてまた同様に、 HERMESエルメス、CARTIERカルティエ、 GUERLAINゲラン、DIORディオールなど、 名立たるグラン・メゾンや ハイグレードレストランなどに 今なお支持されています。

キャンドルは、創業以来植物由来成分を用いた伝統的な製法を厳格に守り続け、現在もなお職人の勘と技によってキャンドル全てを手作業で作り続けています。

Scented Candle

cire trudon nazareth

scented candle
NAZARETH(ナザレ)は内にピンクゴールド箔が貼り込まれたスペシャルボトル。

数々の歴史にインスパイヤーされた高貴な香り

cire trudon boxin

太古の時代から壮麗な洗練へ

華やかな帝国からパリのベルエポックへ

画家たちの東洋への憧れから

シュールレアリストの気晴らし、

そして現代に至るまで。

”a la francaise” 歴史の品位と歓喜、

そして英知を堪能できます。

香りを視覚化したイメージが、香りの世界への道しるべとなります。

植物由来成分100%で構成されるアロマキャンドルです

パラフィンフリー、石油由来成分、鉱物、重金属、アルコールや有害物質を一切含みません。
Biodegradable(生物分解性)に優れた原料のみを使用し、環境に配慮されたキャンドルです。


ワックス(蝋)は独自性のヤシ油、米、大豆とコプラ(ヤシ油の原料)から出来ています。

世界の希少な香りを集め、蒸溜したエッセンシャルオイルで香りづけされています。

芯はピュアコットン。

キャンドルは全てフランスの工房で職人の手により丁寧に手作りされています。

グラスジャーはAstier de Villatte (アスティエドヴィラット)に考案されたシャンパンクーラーに着想を得た容器。

イタリアトスカーナの工房で生み出される手吹きガラスです。

手吹きならではの優雅な佇まいの豊かな表情です。

cire-trudon Bell Jar & Board

La Cloche ( Bell Jar & Board )

Bell Jar & Board はキャンドルの保管にぴったりです。

その優雅な佇まいは素敵なインテリアアイテムとなります。

cire trudon Bell Jar & Board 

キャンドルの良さを最大限に心地よく、安全にご使用いただくために

1. 初回の点灯は2-3時間をおすすめします。
目安ととしては、ロウ上部がすべて液体になるまでです。
表面全体を液化させないと、芯の周りだけ穴があいたようになり、
その外側が溶け残ってしまう恐れがあります。

2. 炎を消す際は、火のついた芯をロウに沈めてください。
炎に息きを吹きかけて火を消さないでください。

3. 炎を消した後は、芯を中央の位置に戻し立てて整えてください。

4.2回目以降、火を灯す前に芯を5から6ミリ程度に整えてお使いください。
ゆっくりとした燃焼と柔らかな香りの広がりをお楽しみいただけます。

5. ロウの残りが底から2から3cmになったらご使用をおやめ下さいロウを最後まで燃焼させると、ガラス容器が破損する恐れがございます。

6. 火を灯したキャンドルを木製や表面の冷たいガラスや大理石などに
直接置いてのご使用はお控えください。
熱くなったキャンドルが底の冷たい素材と接触すると、ガラスが割れる可能性がございます。

7.キャンドルご使用中は側を離れず、目の届くところにおいてお使いください。
カーテンなど燃えやすいものの近くでのご使用、お子様やペットの側でのご使用はお避け下さい。

十分に安全を守って、
CIRE TRUDONの香りをお楽しみください 。

【燃焼時間】 55-65 時間

タイトルとURLをコピーしました